ホーム » 教室について

多奈ゑりきもの教室について

教室のコンセプト

多奈ゑりきもの教室は、
自分で着物を着られるようになるための教室です。

洋服に自分の好きなスタイルがあるように、
着物にもいろいろなスタイルがあります。

教室では「着物を着て美しくなる」をコンセプトに、
ご自身のスタイルに合わせた着物の着かたを教えています。

初めて着物を着てみようと思った方や、
着物は着られるけどもっときれいに着たいなど、
皆さまの様々なニーズにお応えします。

教室のオススメポイント

着物を習うのが初めての方も、他の教室で習ったことのある方も、
聞きたいことが聞ける教室です。(流派、お流儀等は問いません。)

ライフスタイルに合わせたコースが選べます。

毎週決まった曜日、決まった時間に通うのが難しい方や、
きっちりとカリキュラム通りに定期的に通いたい方など、
ご自身のライフスタイルに合わせてコースが選べます。

講師も一緒にレッスン。

講師が見本となって着物の着かた、帯の結びかたを一緒にレッスン。
動作の役割を覚えながら、着物の着かたをマスターしていきます。

少人数制のレッスンでじっくりと学べます。

最大2名(※1)までの少人数制です。
お一人お一人のペースに合わせて、じっくりとレッスンを進めます。
※1 講座の内容や教室の広さによって変わります。
また、ワークショップなどは2名以上になる場合もあります。

特別な道具・着物を揃える必要はありません。

まずは家にある道具や着物を使ってレッスンを受けてみてください。
下着以外の小物はレンタルも可能です。

着物まわりのご相談を承ります。

着物のコーディネートやお手入れ、ご購入の相談まで(※2)、
着物に関することなら何でもお気軽にご相談ください。
※2 教室での着物の販売会などはありません。

講師紹介

田中えり子
田中 えり子

1972年生まれ、福岡県出身。着物好きの母の影響で幼少時より着物を着る機会にめぐまれ、派遣社員生活を送りながら着付と和裁を勉強。 4年間の博多織元直営店での販売、着付け教室講師を経て、2011年4月独立。自分で着物を着るための教室「多奈ゑりきもの教室」をスタート。

現在は福岡を中心にカルチャースクールや着物まわりのワークショップ講師として活動中。

好みは「ポップ」と「シンプル」。

「着物を着て美しくなる」そんな着物の着かたをご提案します。

SNS

経歴

1990年 当時茶道を習っていた先生より自装を習う。
1997年 結婚を機に無料着付教室に通う。
2005年 他装をマスターするために有料着付教室に通う。
2007年 前結びを習う。
  awaiキモノスタイリングスクール講師担当。
2008年 きもの博多一十主催着かた教室「結びの学校」講師担当。
2011年 「多奈ゑりきもの教室」開校。
  岩田屋コミュニティカレッジ「はじめての着付け」講師担当。
2014年 東京・大阪にて各種ワークショップを開催